VIOラインをサロンで脱毛してもらうときには、人には見せたくないところまで全部見られてしまうのだろうか?と不安も尽きないと思います。
全くの他人同士でもその恥ずかしさを思えば、自分で処理してしまおうか・・・と考えるかもしれませんね。

実際にVIOラインはどうやって行うのか?

脱毛サロンでVIOラインを実際に処理してもらった人の体験談では、専用の紙パンツを履いたままで施術してもらえるところがほとんどのようです。
さすがに全部脱いだままで処理してもらうのは気恥ずかしいですが、紙パンツ越しならだいぶ兵器になるんじゃないでしょうか?
どうしても施術スタッフにどう思われるか心配なら、デリケートゾーンのにおいケアや簡単な自己処理をしておけば、後は問題ありません。

脱毛サロンによる配慮

VIOラインの脱毛をサロンでやってもらうときには誰でも緊張するものですが、サロンによってそんな不安を和らげるように、工夫や配慮をしてくれているお店がほとんどです。
タオルをかぶせたり、照明を落としたりする配慮があれば、慣れてくると恥ずかしさも忘れてゆったりリラックスできるようになってきます。
スタッフに対して遠慮しすぎずに、気軽にエステを受けるような気持ちで来店できると思います。

シースリー 脱毛 大阪